街角逍遥

春風に 浮かれて歩く カメラマン
d0354997_02035909.jpg
ウィンドーの 美女の目線が 我と合い

d0354997_02042209.jpg


d0354997_02040713.jpg


d0354997_02041788.jpg


[PR]
# by syouiti3651k04517 | 2017-03-07 11:52 | Comments(3)

皺の美学


皺の美学
d0354997_02035059.jpg

土門拳は女性のポートレートにおいても「リアリズム」を発揮し、
深いシワやシミなども遠慮会釈なく映し出したので、
被写体となった女性たちから不評を買うことも少なくなかった。
一方、木村伊兵衛は浅い被写界深度でソフトなタッチで
女性を撮影したため、好評を博した。
その一方でどうしても土門に写真を撮ってもらいたいという女性もいた。
(ウイキペディア・フリー百科事典より)


[PR]
# by syouiti3651k04517 | 2017-03-03 04:02 | Comments(4)

路傍佛

路傍の佛さま


d0354997_02050271.jpg

[PR]
# by syouiti3651k04517 | 2017-03-03 03:31 | Comments(0)

路地

春日和 路地の細道 猫がいて

d0354997_23303283.jpg
路地とは、「癒しの空間」である。ともすればストレスを感じることの
多い現代では、裃(かみしも)を脱いで、ほっとできる空間が必要であろう。
世界を旅して自分だけの「癒しの空間」あるいは「桃源郷」をみつけよう。
江戸中期、摂津国毛馬村に生まれた与謝蕪村は、青年期、全国を放浪したが、
晩年、京都の下町の路地裏にやっと「桃源郷]を見つけた。その喜びを次の一句に込めた。

   
   桃源郷  路次の細さよ  冬ごもり     (蕪村)

 注)上句中、路次は、路地の古語。道の途中
の意味もあり。雅号の「路次健」は、ここから採用。






[PR]
# by syouiti3651k04517 | 2017-03-03 01:27 | Comments(0)